蔵の町「増田」の歴史

横手市増田町は、横手盆地の南東部に位置し、雄物川支流の成瀬川と皆瀬川の合流点に立地しています。
南北朝時代に小笠原氏が増田に城を築き、その後城主となった土肥氏が関ヶ原の戦い(1600年)あたりまで統治していたとされます。

そして、佐竹氏入部後の江戸時代以降には商業活動が盛んになったといわれ、寛永20(1643)年の開始と伝えられる増田の朝市は、現在に至るまで連綿と続いています。
葉タバコや生糸は一時期秋田県内最大の産地となり、増田商人の多くはこれらを主力商品とし、増田は物資の集散地としてたいへん賑わいました。

明治時代になると、資金の投資先や社会構造が大きく変化します。
増田においても同様で、結果として商業活動は活性化し、産業面に大きな発展が見られました。この時期に増田の商人は共同で増田銀行(現在の北都銀行の前身)を創設させたほか、増田水力電気会社(発電)や増田製陶会社(陶器)、長坂商店(味噌醤油)などの会社も設立されました。

この傾向は大正時代になっても続き、吉乃鉱山の採掘量の増加もあいまって、商業活動は加速度的に活発化しました。

その商業活動の舞台となったのが現在の中町、七日町商店街通り(中七日通り)で、当時の繁栄を今に伝えるものとなっているのが、短冊形で大規模な主屋と、「内蔵(うちぐら)」と呼ばれる土蔵です。内蔵は、この地方独特の呼称ですが、主屋の背面に建てられ、土蔵そのものを鞘となる上屋で覆っています。
これは雪害から保護するために、このような造りになったともいわれ、雪国に広く所在していました。

また、最近は増田の内蔵が通り沿いの狭い範囲に集中して立地し、現存していることが非常にめずらしいこと、街並み景観と建築様式や技術を維持しながら後世に継承していきたいという地域住民の熱い思いから、平成17年の写真集「増田の蔵」の発刊をはじめ、翌18年からは毎年10月の最終日曜日には「蔵の日」として、歴史的文化財群を年一度特別公開することで、県内のみならず、県外からも注目を集めるようになりました。

そして、このような地域住民の努力が実り、平成25年12月27日、横手市増田地区が国の重要伝統的建造物群保存地区に正式に選定されました。

*横手市ホームページより抜粋